1.  

  2. 水とひと。

     きょうは日中、3時間ばかり外を走ったり、歩いたり、ぶらぶらしました。あつくて疲れたところ、矢野目あたりで、ご自宅の井戸を自由にお使いください、とあったので、つめたい水でありがたく手と顔を洗い、のどを潤しました。ごていねいに、放射性物質の検査結果(もちろんすべて「検出せず」)まで掲げてくださっていました。眼鏡もなしで、100円玉2枚だけをポッケに入れて出かけたので、写真もないのですけど。

     福島は盆地であるせいか、井戸やわき水は多いようです。また、ご自由にどうぞというところも少なくありません。忘れられないのは震災のときです。10日以上の断水は、こたえました。しかしこのときも、井戸がおありのご近所さん、そばのよしなりさんのご自宅とか、すぐ向かいの電器屋さんとか、貴重な水をご提供くださって、ほんとうに助かりました。

     あまり表には出てきませんが、福島のひとは基本的におおらかで、ひとにやさしいです。井戸水もこんな感じですし、飯坂線の電車は遅れそうになって駆け込んでも、まず待ってくれます。財布も何度もなくしたり、どこかに置き忘れたりましたが、どなたかが届けてくださらなかったことはありません。

     長く住むと、じわじわ、わかってくるんだよなあとひとりごちる15年めの夏でありました。

     
  3. ナツヤスミ ガ ハジマッタ!!

     
  4. erigraph撮影会のテストで撮ってもらいました。KIKUさんでできたばかりのオックスフォードを洗いざらしにしてデビュー。このあわせはオンクルっぽいよね…

     
  5.  
  6. 雨の日曜日の午後。家に3人いても静かな時間がありました。かみさんとわたしはお裁縫、リルプリはビーズ遊び。着なくなったリネンシャツの生地のヘムを手まつりしてチーフにしました。

     
  7.  
  8. Her first own bike!! ノー補助輪、ノー伴走、ノー涙!

     
  9. natgeofound:

    Women sit in a modern chic boutique in Casablanca, 1971.Photograph by Thomas J. Abercrombie, National Geographic Creative

     
  10. abracadabra-pop:

    David Byrne

    (choccotoから)